JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

ソラマメの出荷規格を確認/石巻市稲井地区園芸生産組合

ソラマメ
ソラマメの品質を確認するJA担当者㊨と亀山敞也組合長㊧

 石巻市稲井地区園芸生産組合は5月31日、ソラマメの出荷査定会を同市水沼地区で開きました。組合員11人が参加し、出荷開始日や収穫適期、出荷規格を確認しました。

 出荷は6月4日から始まりました。5月の少雨で乾燥が見られましたが、例年と比べて早めの出荷となり、目立った病害虫被害もなく品質は良好。栽培履歴簿に基づき、今後も追肥や農薬の管理を徹底していきます。

 JA担当者は「適期収穫に努め、出荷規格に沿った選別を行い、品質の良いソラマメを出荷していきましょう」と呼び掛けました。

 同組合では12人の生産者が「打越一寸」を計90㌃で栽培しています。昨年度は12.7㌧を出荷。今年度は目標出荷量13.5㌧を掲げています。

 今後は出荷が終わり次第、来年に向けて土壌分析を行い、土づくりから管理を徹底していくことで、より良い品質のソラマメ栽培を目指します。

 

自己改革
ご案内
  • 重要なお知らせ ATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。休止する期間・サービスの詳細はこちら
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?