JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

病害虫被害なく生育順調/いちご育苗現地検討会

いちご
生育を確認する阿部組合長(左から2番目)

 JAいしのまきやもといちご生産組合は8月7日、9月の定植に向けて育苗現地検討会を開きました。組合員と石巻農業改良普及センター職員合わせて8人が参加し、東松島市矢本地区などの圃場8カ所を巡回しました。  

 今年は目立った病害虫被害もなく、生育は順調。ハウス内の温度や湿度管理によって病害虫の発生を抑え、より良い苗づくりに力を入れています。また、炭疽病の発生がなく、定期的な防除の成果が見られました。

 講師を務めた同センター職員は「この調子で病害虫防除の徹底と追肥管理を適切に行い、定植に向けて引き続き防除に力を入れてほしい」と指導しました。同組合の阿部良之組合長は「病害虫の防除や水管理に力を入れ、より良い苗づくりをしていきたい」と話しました。

 同組合では今年、8人が「とちおとめ」と「紅ほっぺ」を計2㌶で栽培し、目標出荷量を105㌧としています。

 今後も現地検討会などを予定し、11月半ばの出荷開始に向けて栽培管理に力を入れていきます。

自己改革
ご案内
  • 重要なお知らせ ATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。休止する期間・サービスの詳細はこちら
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?