JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

特産のソバ学んで/女性部鳴瀬地区、児童と種まき

種まき
種まきする児童

  JAいしのまき女性部鳴瀬地区は8月29日、東松島市立鳴瀬桜華小学校裏の圃場約7㌃で、児童とソバの種まきをしました。地元特産のソバの栽培を一から体験し学んでもらおうと、5年前から取り組んでいます。

  3年生43人が参加。同地区部員や地元生産者のアドバイスを受けながら、手いっぱいに握った種をぱらぱらとまきました。児童は「ソバの種ってこういうのなんだ」「どんなふうに大きくなるのか楽しみ」と話し、成長を心待ちにしていました。

  同地区の石森さと子部長は「ソバは粉や乾麺でしか見たことのない子も多いと思う。体験を通じて、作物を育てることの大変さと喜びを知ってもらいたい」と話しました。

 今後はソバの生育過程を観察し、10月下旬に収穫する予定。石臼を使ってそば粉にし、郷土料理「はっと汁」を作って味わいます。

自己改革
ご案内
  • 重要なお知らせ ATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。休止する期間・サービスの詳細はこちら
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?