JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

天候不順に負けず生育/29年産米初検査

DSC_8713
初検査を行う検査員

 JAいしのまきは9月25日、JA大塩倉庫で平成29年産主食用米の初検査を行いました。日照不足などの天候不順から登熟不良が懸念されましたが、病害虫による被害もなく、生育は例年並み。同倉庫では1等米比率100%と良好な結果となりました。

 初日は、管内3カ所で検査が始まり、約391㌧が持ち込まれました。検査前に作業の安全を願い、神事も行いました。その後、JA検査員が水分やつぶ張りを確認し、格付けしました。

 出穂は例年通り。刈り取りは圃場ごとに日程を調整しながら、順調に進めています。

 JAの酒井秀悦常務は「日照不足などの影響を心配したが、品質は悪くない。よくここまで育ってくれた」と話しました。

 管内の水稲の作付面積は7400㌶で、全体の集荷目標を47万俵に掲げています。刈り取りは10月中旬ころまで続く予定です。

自己改革
ご案内
  • 重要なお知らせ ATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。休止する期間・サービスの詳細はこちら
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?