JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

野菜づくりで農に関心を/わんぱく探検あぐりスクール開校式

あぐりスクール縦
親子で定植に挑戦する参加者

 JAいしのまき青年部・女性部矢本地区、フレッシュミズ会矢本地区は6月4日、2017年度のわんぱく探検あぐりスクールの開校式を行い、13組の家族41人が参加しました。野菜の栽培を通して農業に関心を持ってもらおうと、2014年から取り組んでいる「一坪農園」で野菜の定植作業を行いました。

 家族ごとに3.3平方㍍の畑が割り振られ、ピーマンやナス、モロヘイヤなどの苗を植えました。参加者は「友人に誘われて今年から初めて参加した。子どもたちと一緒においしい野菜を作っていきたい」と話しました。同青年部矢本地区の浅野勝美部長は「活動を楽しみながら食べ物を育てることで、農業や食に対する関心を高めてほしい」と話しました。

 今後、参加者が水やりや草取りなどの管理を行い、青年部・女性部員らが栽培に関するアドバイスを行います。

 同スクールは今年、「一坪農園」で作物の栽培管理や収穫を行うほか、米倉庫の見学や豆腐づくり体験などを予定しています。

自己改革
ご案内
  • 重要なお知らせ ATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。休止する期間・サービスの詳細はこちら
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?