JAいしのまき

トピックス一覧

サツマイモの産地化へ栽培開始/例年並みの3000本を定植

一本一本丁寧に定植する組合員

 サツマイモの産地化を目指す、JAさつまいも生産組合は6月14日、石巻市蛇田の圃場(ほじょう)でサツマイモ「べにはるか」の苗を、例年並みの3000本定植しました。

 例年20本の畝で40㌢間隔に1畝あたり150本定植していましたが、2024年度は10本の畝で20㌢間隔に1畝あたり300本定植。作業の効率化・省力化、マルチシートなどの生産資材コストの削減を図りました。

 組合員らは早朝からマルチシートを張り、苗挿し棒を使って苗を一本一本丁寧に植えていきました。

 同組合の鈴木貴郎組合長は「おいしいサツマイモを届けることはもちろんだが、今年は支援学級保護者会の皆さんに定植から収穫、調理まで一連の食農体験を計画している」と意気込みを話しました。

 同組合は地域農業の活性化を掲げ、20年に青年部員10人で発足。無肥料・無農薬栽培にこだわり、11月の収穫を目指します。

  • 自己改革実施中!
  • いしのまきSDGsパートナー
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • フォトコンバナー
  • ~持続可能な社会の開発を目指して~ JAいしのまき SDGs 取組宣言
  • SDGs未来都市いしのまき
  • ネットショップ JAタウン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?