JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

健やかな1年を願って/戌年の置物を作る

0-DSC_2998
家内安全と無病息災を願って作った置物

 JA女性部河北地区は12月5日、JA大谷地支店でちりめん教室を開きました。大崎市古川でちりめん細工やパッチワークキルトの教室を開く菅原房子さんを講師に、来年の干支である戌の置物を作りました。部員15人が参加。菅原さんは「戌のよだれかけを丁寧に作ってほしい。ひだを均一にするのがポイント」と説明しました。部員は、完成品を手本にしながら来年の家内安全、無病息災の願いを込め、一針一針丁寧に縫い進めました。同地区の佐々木優子副部長は「来年は戌年で健康や安産の年になると言われている。置物を飾り、健やかな一年にしたい」と話しました。

 同地区では6年前から毎年この教室を開いており、今までに7体の干支を作成しました。佐々木副部長は「毎年恒例の行事にして、十二支をそろえたい」と意気込みを話しました。

 

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき フォトコンテスト 写真募集
  • 農業応援住宅ローンキャンペーン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
  • 広報誌「まごころ」 クイズコーナー 応募はこちらから
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?