JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

育苗ハウスを活用/加工用キャベツ収穫!

順調に育ったキャベツの収穫
順調に育ったキャベツの収穫

東松島市洲崎・東名地区の農事組合法人・奥松島グリーンファームは1月12日、水稲の育苗ハウスを活用し、20アールで栽培していた加工用キャベツを初収穫しました。同法人では、育苗ハウスの維持費の確保を含め、法人経営の安定を目的に園芸品目を導入。17年から小松菜を栽培していましたが、収穫調整などの作業負担が大きかったため、新たな栽培品目をJAと検討。青果出荷と比べて調整作業が簡略化でき、コンテナ出荷のため資材コストも削減できることから、加工用キャベツを選定しました。

出荷先は石巻青果。同日は、組合員ら8人が収穫に当たり、コンテナ詰めの作業を進め同社に45ケース(1ケース6~8玉)を出荷しました。

法人の菊地照夫代表は「作業負担が比較的少なく、出荷作業もスムーズだった。今後も栽培を続けたい」と話します。

18年は水稲55ヘクタールと大豆25ヘクタールに加え、加工用キャベツは育苗ハウスだけでなく、30アールの露地栽培にも挑戦する予定です。

  • 自己改革
  • JAいしのまき トマトカレーレシピ 紹介中!
  • JAバンク新規ご利用特典:JAで期間中に口座を開設するとチャンス!抽選で2,000円クオカードプレゼント!!詳しくはこちら
  • 広報誌「まごころ」 クイズコーナー 応募はこちらから
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?