JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

畝立て播種で湿害防ぐ・夏ソバ栽培スタート

0-DSC_2473
順調に進んだソバの種まき

 東松島市上下堤の㈱つつみは4月30日から5月2日、夏ソバの播種をしました。今年は約13㌶で栽培。収穫は7月下旬の予定で、10㌃当たりの平均収量40㌔を目指します。播種は天候に恵まれ、順調に進みました。今年から排水対策として、20㌢の高さの畝に種を播き、湿害を防ぐことで多収量を目指します。また、毎年、播種後の雑草処理が課題となることから、播種前には除草剤を散布しました。

 同社の浅野公夫代表は「栽培初期の管理を万全にし、収量を上げていく。ソバ栽培に適した天気を期待したい」と話しました。同社の前身、上下堤転作組合が、新たな特産品として2010年からソバ栽培に着手。面積の拡大に伴い、13年に法人化し、乾麺の「上下堤そば」やそば焼酎「堤の花雫」など加工品開発のほか、新そばを振る舞う祭りを毎年開き、地域振興に大きく貢献しています。

 

  • 自己改革
  • JAいしのまき トマトカレーレシピ 紹介中!
  • JAバンク新規ご利用特典:JAで期間中に口座を開設するとチャンス!抽選で2,000円クオカードプレゼント!!詳しくはこちら
  • 広報誌「まごころ」 クイズコーナー 応募はこちらから
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?