JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

毎年恒例へび田んぼ/手植えで苗の植えつけ

 農業への関心と食の大切さを学んでもらおうと、JAいしのまき青年部石巻地区は5月23日、石巻市蛇田の5㌃の圃場で毎年恒例の「へび田んぼ」への田植えを行い、石巻市立蛇田小学校の5年生141人に「みやこがねもち」の手植えを指導しました。

 同地区の遠藤賢亮部長が「苗は3本くらいを手に取り、植えた場所同士が、手のひらひとつぶん開くくらいの間隔をとります。田んぼの空いているスペースが少なくなるように、よく見て植えましょう」と手本を示しながら指導。はだしで田植えを行った児童たちは「泥がひんやりして気持ちいい。もっと植えたい」「米づくりって大変すぎる!」と話しながら作業を楽しみました。

DSC_4604
田植え作業を楽しむ児童

 遠藤部長は「20年も続く毎年恒例の行事で、保護者の方も楽しみにしてくれている。稲作を通じて地元の農業について理解を深めてほしい」と話しました。

 5月22日には、同地区の圃場(ほじょう)で、石巻市立向陽小学校の5年生71人に「みやこがねもち」の手植えを指導しました。今後は、児童たちが栽培経過を観察し10月下旬に収穫する予定です。

 

 

 

  • 自己改革
  • JAいしのまき トマトカレーレシピ 紹介中!
  • JAバンク新規ご利用特典:JAで期間中に口座を開設するとチャンス!抽選で2,000円クオカードプレゼント!!詳しくはこちら
  • 広報誌「まごころ」 クイズコーナー 応募はこちらから
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?