JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

バケツ稲で農業体験/成長過程を学ぶ

DSC_5223
苗植えに熱中する児童

 JAいしのまきは5月30日、米の生育過程を学ぼうと「バケツ稲」に取り組む東松島市矢本東小学校の5年生96人に苗植えを指導しました。地元の農家3人の協力も得て、苗を提供してもらい「ひとめぼれ」の苗を植えました。

 JA職員が「水は多くせず、苗を深く植えないこと。植えた後は、水温に注意してよく観察し、虫がついたり病気になったりしないように気をつけましょう」と話すと、児童たちは熱心に聞いていました。また、写真を使って、田植えから精米になるまでの米ができる過程などを学びました。

 児童たちは「バケツでも米が育つんだ!」「苗はどのくらい植えたらいいの?」と話しながら作業を楽しみました。

 JAでは今後、定期的に同小学校を訪れて経過観察をするとともに、JA管内でバケツ稲に取り組む学校などの指導も行っていきます。育てた稲は10月頃に収穫する予定です。

 

 

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき フォトコンテスト 写真募集
  • 農業応援住宅ローンキャンペーン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
  • 広報誌「まごころ」 クイズコーナー 応募はこちらから
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?