JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

令和初の出荷査定会・春レタスで旬をお届け

厳しい目で査定に臨む生産者
厳しい目で査定に
臨む生産者

 JAいしのまきやもと蔬菜組合は5月9日、JA矢本青果物集出荷センターで春レタスの出荷査定会を開きました。今年は、春先の天候が良かったことから生育は順調。ほぼ例年通りの4月22日から出荷が始まり、5月中旬に最盛期を迎える予定です。

 組合員ら12人が参加し、出荷規格や収穫時、荷造り時の注意点などを確認。㈱石巻青果の比毛貴広課長代理は「主産地の茨城県産が終盤になり、品質の評価が高い管内産のレタスを求める声が高まっている。荷造り、調整作業を丁寧に行い、今後も良質なレタスを出荷してほしい」と話しました。また、リーフレタスなどは、オードブルに使われる機会が多いことから、葉先の変色など見た目にも気を配るよう説明しました。

 同組合の遠藤淳一組合長は「最盛期で作業が忙しくなるが、厳選を徹底し、『やもとのレタス』の味を広めたい」と呼び掛けました。

 今年は組合員31人が約4㌶で栽培。6月下旬まで出荷が続き、2万2000㌜を石巻青果や秋田市場などに出荷し、1650万円の販売を目指しています。

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • 農業応援住宅ローンキャンペーン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
  • 広報誌「まごころ」 クイズコーナー 応募はこちらから
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?