JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

すくすく育て!/園児が初めて「ひとめぼれ」を手植え

稲井アスターファーム
田植え作業を楽しむ園児

 農業への関心を強め、食の大切さを学んでもらおうと5月16日、石巻市稲井地区の農事組合法人アスターファームの指導のもと、同地区の稲井幼稚園の園児らが始めて田植えをしました。この日は、およそ0.3㌃の圃場に「ひとめぼれ」を園児16人と手で植えました。

 はじめに同法人代表の阿部勝徳さんが「苗5本をひとつかみにして取ったら、しっかり植えます。みんな大好きなお米がすくすく育つように、ていねいに植えましょう」と手本を見せながら説明。園児らは裸足で圃場の中に入ると「泥がひんやりしてる!」「苗を植えても抜けちゃう!」と苦戦しながら田植えを楽しみました。

 阿部さんは「小さいうちから身を持って農業を経験することで関心を強め、農家についても興味を持ってもらえればうれしい。普段食べている米のありがたさもいずれわかってくれたらいいね」と話しました。

 同園では、子どもたちが田植えから収穫までの過程を実際に体験し、食育、生産者との関わりの大切さを感じてもらおうと今回初めて実施。今後は、児童たちが栽培経過を観察し10月下旬に収穫する予定です。

 

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき フォトコンテスト 写真募集
  • 農業応援住宅ローンキャンペーン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
  • 広報誌「まごころ」 クイズコーナー 応募はこちらから
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?