JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

つきあかり現地検討会/栽培面積5倍、高品質な米を

DSC_1048
葉色など生育状態を確認した

JAいしのまきは6月26日、石巻市桃生地区と東松島市矢本地区で現地検討会を開きました。「つきあかり」を栽培する圃場(ほじょう)2カ所を巡回しました。

 今年は、田植え後の天候に恵まれたことや、生産者の適切な栽培管理により目立った病害虫被害もなくこれまでの生育は順調。

 講師を努めた全農宮城県本部の水多昭雄氏は「同品種が持つ多収量の特性を伸ばすためには、今後の追肥が重要。低温時など天候を考慮した深水などの管理も徹底してほしい」と話しました。

 今年は、関東地区の卸売り業者から要望を受け、栽培面積を昨年の4.4㌶から20㌶に拡大し生産者12人が栽培に取り組んでいます。

 JAでは今後、収穫期に向けて、病害虫防除、肥培管理の指導を行っていきます。

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき フォトコンテスト 写真募集
  • 農業応援住宅ローンキャンペーン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
  • 広報誌「まごころ」 クイズコーナー 応募はこちらから
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?