JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

大豆の栽培管理手厚く/転作部会が検討会開く

管理が行き届き生育良好となった
管理が行き届き生育良好となった

 開花期から子実肥大期に向けて肥培管理や病害虫対策を確認しようと、JA転作部会は8月8日、大豆の現地検討会を開きました。管内の圃場3カ所を巡回。今年は長雨による影響で、播種の遅れが目立ち、生育の遅れや湿害による発芽不良が生じていますが現地検討会を行った圃場では播種が早く、初期生育は良好でした。参加した生産者は今後の栽培に向け、熱心に栽培状況や管理のポイントを確認しました。

 同部会の阿部勝徳部会長は「発芽がきれいにそろっていて良い。周囲と相談し意見交換したり、普及センターからアドバイスを聞いたりして今後の栽培管理に活かしたいです」と話しました。

 

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • 農業応援住宅ローンキャンペーン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
  • 広報誌「まごころ」 クイズコーナー 応募はこちらから
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?