JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

中国温州市から訪問・JA施設を見学/友好都市締結35周年

 宮城県石巻市と中国・温州市の友好都市締結35周年を記念して、温州市政府代表団の鄭煥東(ていかんとう)副秘書長、葉新東(ようしんとう)温州大学教師教育学院副院長ら5人が8月26日に石巻市を訪れ、市内数カ所を視察し、写真展のオープニングセレモニーや祝賀会に出席して交流を深めました。当JAには、輸出用米を真空パックする包装機などの日本の設備や米づくりを学ぶため中央カントリーエレベーターの施設見学に訪れました。

 同施設で当JA営農企画課の遠山和之課長は代表団にJAの概要や米づくりについて話し、土づくりから出荷までの流れや安全・安心への取り組みなどを説明しました。いしのまき産のひとめぼれの試食があり、より一層米づくりへの理解を深めました。  

 また、輸出に関する説明では、代表団から海外の販売価格や設備などを質問される場面がありました。視察をした代表団からは、規模は中国に劣るが、設備は日本の方が優れていると評価されました。

 

 温州市は約919万人の人口になる中国沿岸部の中部、浙江省にある同省南部の政治、経済の中心です。石巻市と温州市は1984年10月に友好都市を結び、合併で新市に移行した2005年11月に再締結しました。

中央カントリーエレベーターを視察した代表団
中央カントリーエレベーターを視察した代表団
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • 広報誌「まごころ」 クイズコーナー 応募はこちらから
  • フォトコンテスト
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?