JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

令和元年産イチゴ生育順調/イチゴの花芽検鏡

花芽を入念に検査する職員たち
花芽を入念に検査する職員

 イチゴの定植時期を確認するためJAいしのまきは9月9日、石巻農業情報センターで花芽分化検鏡を行いました。検鏡は8月30日から始まり、9月12日まで続き、検体325点の検査を行います。

 イチゴの花芽検鏡は、顕微鏡を使い、花芽までの葉を一枚ずつめくっていきながら、花が出てくる出蕾(しゅらい)までの葉数と花芽の分化の進みを確認することで、定植時期を確認します。この日は、JA職員と石巻農業改良普及センターの職員ら3人が検査しました。今年は猛暑の影響で、茎や枝が多少長く軟らかくなったが、病害虫の発生は少なく、生育はおおむね順調。

 JA管内では今年39人の生産者が「とちおとめ」「紅ほっぺ」などを栽培。栽培面積は13.8㌶で、目標出荷量を468㌧に掲げています。出荷時期は11月中旬から6月中旬までで、2月頃に最盛期を迎える予定です。今後は、花芽確認後、速やかに定植を行い、適期の病害虫防除及び作業管理に努め、充実した株を生育していきます。

 

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • 広報誌「まごころ」 クイズコーナー 応募はこちらから
  • フォトコンテスト
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?