JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

協力、新たな試みのため/やもと長葱生産組合が講習会を開く

名月一文字を栽培する阿部組合長に質問する生産者
名月一文字を栽培する阿部組合長(左)に質問する生産者(右)

 JAいしのまきやもと長葱生産組合は10月11日、JA矢本青果物出荷センターで「名月一文字」という品種の講習会を開き12人が参加しました。現在同組合で5人が栽培している名月一文字の栽培ポイントや注意点を確認し、生産者数を増やすことが目的に開催されました。

 タキイ種苗㈱の内藤泰之研究員と他2人を講師に招き、内藤研究員は「名月一文字は耐暑性にすぐれ、小葉で風害に強いのが特長。また、曲りの発生が少なく秀品率が高い」と本種の利点を説明しました。定植から収穫まで日数を確保する必要があり5月中旬までの定植が望ましいなどの注意点についても説明しました。他の品種との違いは何かとの質問では、伸長性、肥大性にすぐれ播種から収穫までの日数が少ない「ホワイト」シリーズを例として挙げ、名月一文字は緩やかに生育する品種なので、両種の適切な使い分けにより有効的な栽培管理が可能になると回答しました。

 同組合の阿部亮組合長は「今回の講習会を通して名月一文字を理解してもらい、管内で今以上に取り入れ、皆で協力し栽培していきたい」と話しました。

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • 広報誌「まごころ」 クイズコーナー 応募はこちらから
  • フォトコンテスト
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?