JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

災害乗り越え良品出荷/品質管理の徹底でおいしいちぢみホウレンソウを食卓へ

 

ちぢみホウレンソウがきれいにおいしそうに見える袋詰めの仕方を説明
ちぢみホウレンソウがきれいにおいしそうに見える袋詰めの仕方を説明

 JAいしのまきやもとほうれんそう生産組合は11月22日、JA矢本青果物集出荷センターでちぢみホウレンソウの出荷査定会を開き、生産者21人が参加しました。11月下旬から来年2月末までの出荷に向けて、現物査定をしながら出荷規格を確認しました。

 査定会では、品質区分の違いや目安を自分たちの目で見て確認しました。ホウレンソウを選別・調整、袋に入れる際などのポイントや注意点を共有しました。

 ㈱石巻青果の三浦康孝氏は「若年層の消費が伸び悩んでいる。理由としては、泥汚れなどが挙げられ、きちんと泥などを落とし、より多くの人に手に取ってもらえるよう」出荷作業を徹底してほしいと呼び掛けました。

 同組合の西村栄一組合長は「今年は台風の影響で数量は減ったが、手元にあるホウレンソウの品質管理を徹底し、食卓においしいホウレンソウを届けたい」と話しました。

 今年度は組合員30人が8㌶で栽培。出荷数量は台風の影響で去年の半分となる35t(7000㌜)となる見込みです。

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • 広報誌「まごころ」 クイズコーナー 応募はこちらから
  • フォトコンテスト
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?