JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

初めてのそば打ちで感動/女性部鳴瀬地区が児童にそば打ちを伝授

女性部が見守る中、慎重にそばを切る生徒
そばの切り方を教わりながら切る生徒

 JAいしのまき女性部鳴瀬地区は12月10日、東松島市立鳴瀬桜華小学校の6年生24人と地元産のソバを使ったそば打ちを行いました。児童がソバの種まきからそば打ちまで体験することで、地域の特産物であるソバへの理解を深めてもらおうと、7年前から取り組んでいます。

 そば打ちでは、児童がソバの実を石臼で挽き粉にしたものと、㈱つつみが10月に収穫したソバを合わせて使用しました。部員の手を借りながら水加減、力加減、こね方などを教わりました。児童は「切る工程が難しかったが、とても楽しかった」「初めてで不安だったが、とてもおいしくて感動した」と笑顔で初めてのそば打ちを大いに楽しみました。

 また、そばの他に地元産の「ひとめばれ」、ホウレンソウ、キュウリ、のりなどを使い太巻き作りも行いました。児童は好きな具材を太巻きがパンパンになるまで詰め込み、そばと一緒に味わいました。

 JAでは今後も食育活動に力を入れ、子どもたちへ食と農に関心を持ち、知識を深めてもらえるよう努めていきます。

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • 広報誌「まごころ」 クイズコーナー 応募はこちらから
  • フォトコンテスト
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?