JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

農薬は安全に正しく使用/野菜栽培講習会を開催

農薬に関して真剣に学ぶ参加者
農薬に関して真剣に学ぶ参加者

 JAいしのまきは12月18日、石巻市のJA大谷地支店で河北地区の組合員を対象に「野菜栽培講習会~農薬の使い方~」を開き、15人が参加しました。農薬の正しい使い方、注意点などを再確認し、病気や害虫対策に有効に役立てるのが目的です。

 講師には、協友アグリ㈱仙台支店の綿引晃主任と日本曹達㈱の印南克久課長補佐の2人を招きました。  

 綿引主任はラベルの登録内容は1年で変わることが多いので、確認してから使用することを呼びかけ、「農薬を安全に正しく使用し、おいしい作物を作ってほしい」と話しました。

 印南課長補佐は園芸作物に対する農薬の使い方について説明し、「殺虫剤は発生密度が低く、若齢期での防除が効果的。殺菌剤は特定の系統のものを連用せず、予防撒布を心がけよう」とそれぞれのポイントを解説しました。

 JAでは今後も栽培講習会などの研修を通して、農家の生産所得向上を目指していきます。

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • 広報誌「まごころ」 クイズコーナー 応募はこちらから
  • フォトコンテスト
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?