JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

完売続出で大盛況/年内最後の産直市開催

 JAいしのまきは12月21日、JA西農業倉庫前で第32回産直市を開きました。旬の新鮮な野菜や環境保全米「ササニシキ」「ひとめぼれ」の他、宮城県産黒毛和牛などを販売し、多くの来場者でにぎわいました。

販売開始前から長蛇の列を作った牛肉の販売
販売開始前から長蛇の列を作った牛肉の販売

 会場では、県産黒毛和牛と宮城野ポークが販売され、牛肉は500パック、豚肉は450パックと共に完売しました。また、東松島産の「紅ほっぺ」、「とちおとめ」、宮城県のいちごの新品種「にこにこベリー」の3品種が販売されました。「にこにこベリー」は試食も用意され長蛇の列を作り、販売開から30分で完売する人気ぶりでした。
 この他にも、JAオリジナル加工品の焼肉のタレが12月7日から無添加な焼肉のタレとしてリニューアルされ、会場内でも販売されました。
 来場者は「にこにこベリーが気になっていたので購入できてうれしい」「新しい焼肉のタレと牛肉でおいしい焼肉をいただきます」など笑顔で話しました。
 この他にも、地元産の「みやこがね」を使ったもちつきが行われ、つきたてのもちは、あんこもちにして来場者に無料で振る舞われました。牛肉やAコープ商品、地元産の野菜などが当たる抽選会も行われました。
 イベントは、東日本大震災を機に始めた「復興市」を「産直市」として改め旬の農畜産物を味わってもらい、PRするため定期的に開催しています。

直売所も出店し、地元産の新鮮な野菜を販売
直売所も出店し、地元産の新鮮な野菜を販売
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • 広報誌「まごころ」 クイズコーナー 応募はこちらから
  • フォトコンテスト
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?