JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

佐藤彰氏が品質部門第2位/萌えみのり栽培コンテスト

受賞を喜ぶ佐藤氏㊨

 

 ㈱ヤマタネが主催する「第8回萌えみのり栽培コンテスト」が2月7日、栗原市志波姫のエポカ21で開かれました。JAいしのまきから16人が出席し、河南地区の佐藤彰氏が今年度より新設された品質部門で第2位に選ばれました。また、JAいしのまき管内の生産者として同大会初の受賞となりました。

 同コンテストは萌えみのりの栽培産地の結束強化、産地間の栽培技術・流通における情報交流を目的に開催されました。食味部門、収量部門、直播栽培部門の3部門に今年から品質部が加わり4部門となりました。

 品質部門では被害粒・死米・未熟粒・異種穀粒・異物を除いた高品質の粒の割合(整粒値)を審査され、佐藤氏は整粒値84.7㌽と同部門の平均値67.6㌽を大きく上回る結果を残し、第2位となりました。

 佐藤氏は「名前を呼ばれた時は、とても驚いた。これまでの努力が結果につながり、うれしく思っている。これからも日々努力し、品質のいいものを作りたい」と話しました。

 

 

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • 広報誌「まごころ」・ コミュニティ紙「IRODORI」 クイズコーナー 応募はこちらから
  • フォトコンテスト
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?