JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

確実な選別で良品出荷/20年度は2千15万円を目指す

一つ一つ丁寧に確認する部会員

 

 JAいしのまき河南春菊部会は3月20日、河南笈入野菜集荷所で春菊の出荷査定会を開き、出荷規格の確認と現物査定を行いました。

 出荷は例年通り昨年11月から開始。定植時期の昨年10月に台風19号でハウス内が浸水し、20年2月までの出荷量は前年比の84%の16.6㌧となったが、品質は良好。JA担当者は「暖冬により虫の発生が早い可能性がある。虫害の有無などを調整作業などは、いつも以上に慎重に行ってほしい」と呼び掛けました。

 同部会は部会員26人が1.4㌶で栽培。19年度の販売金額は1487万円(2月末時点)で、20年度は2015万円を目指します。出荷は4月末まで続きます。

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • 広報誌「まごころ」・ コミュニティ紙「IRODORI」 クイズコーナー 応募はこちらから
  • フォトコンテスト
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?