JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

児童と地域の特産品である大豆の種まき/食と農の繋がりを学ぶ

 

高橋部長から指導を受け大豆をまく児童

 JAいしのまき女性部桃生地区は6月9日、石巻市立中津山第一小学校の畑で2年生15人に大豆の種まきと野菜の苗植えの指導を行いました。2年生の生活の授業で毎年行っているこの活動は、自分たちで育てることを通して食と農に興味を持ってもらうことを目的としています。

 児童たちは大豆を受け取ると、2粒ずつ、等間隔でまき、強い日差しに負けないようにたっぷりの水をかけました。その他にもサツマイモやピーマンなど7種類の野菜の苗を植えた児童たちは「毎朝水やりをすることで元気一杯に育ってほしい」と話し、成長を心待ちにしています。

 同部会の高橋千代恵部長は、「児童たちが自分で育てた野菜は嫌いなものでも食べられる。普段食べている野菜の成長過程を知り、興味を持ってもらいたい」と話しました。

 大豆は夏に半分収穫し、枝豆として味わい、残りは大豆として育て、収穫した後、豆腐づくりに使う予定です。

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • フォトコンテスト
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?