JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

大豆用高速畝立て播種機/作業効率アップと期待!

作業効率アップが期待されている大豆用高速畝立て播種機

 

 埼玉県の農業技術革新工学研究センターと古川農業試験場は、農事組合法人たてファーム・和(なごみ)のほ場で、6月16日、大豆用高速畝立て播種機の試験運転を行いました。

 通常、大豆の播種機は、時速3㎞弱ほどの速さですが、アグリテクノ矢崎株式会社と共同で開発中の播種機は、時速7㎞です。開発機はトラクタ脱着の作業機であり、従来の中耕培土に使用のディスクカルチと高速対応の専用播種ユニットを組み合わせることで、畝立て播種と高速作業の両立が可能になりました。そのため、湿害軽減効果と効率的な作業体系が図れることが期待されます。

 同法人では、今年の播種開始である6月上旬から数回試験運転を繰り返し、作業速度が速いことから、導入を望む声が聞かれています。

 同開発機は、早ければ来年の大豆播種に向けて販売を予定しています。

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • フォトコンテスト
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?