JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

菊の出荷最盛期に向け生育確認/病害虫対策の強化をはかる

生育状況を確認する組合員

 

 JAいしのまきやもと切花生産組合は6月22日、菊の現地検討会を開き、生産者3人が参加しました。出荷最盛期であるお盆に向け病害虫対策など、今後の栽培方法を確認しました。

 今年は例年に比べ、好天が続き、雨が不足しました。虫の発生による品質低下が懸念されていますが生育は概ね順調です。

 講師に招いた石巻農業改良普及センターの小山かがみ技術主査は「気温上昇による葉焼けや病気に注意してほしい。また、アブラムシの大量発生が予想されるため、早めの防除を徹底してほしい」と指導していました。

 切り花は、ほ場に適した土壌環境を整える土づくりや価格が安定した優良品種の選定と導入が最も重要で同組合では毎年、良品質生産を追求した栽培管理を徹底して行っています。

 同組合の櫻井敬組合長は「お盆やお彼岸という短い期間のため、その時期までに生育をしっかり行い出荷していきたい」と意気込みを話しました。

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • フォトコンテスト
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?