JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

技術の維持向上のため/農産物検査員53人が慎重に鑑定

1つ1つ真剣に鑑定していく検査員

 

 JAいしのまきは7月3日、石巻農業情報センターで令和2年度農産物検査員技術確認会を開き、同JAの農産物検査員53人が鑑定技術の確認を行いました。これは、年に一度、検査員の鑑定技術の維持向上を目的に行われています。

 検査員らは、水稲うるち玄米や普通小粒大麦、普通大豆などの等級の鑑定、水稲うるち玄米はひとめばれやササニシキなどの銘柄の鑑定も行いました。計70種類の鑑定試料が並べられ、形質や被害粒の程度などに注意し、1つ1つ慎重に鑑定し、見極めました。

 同JAの営農部農産物検査課の西村浩子検査員は「生産者らに信頼される検査員の育成のためにも、鑑定技術の維持向上は不可欠。この機会に再確認し、今後の業務に活かしたい」と話しました。

 JAでは今後も、年1回の技術確認会のほかに、鑑定眼の向上のために年5回以上、農産物検査員による鑑定会を実施すると共に研修会も随時行っていきます。

 

  • 自己改革実施中!
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?