JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

JAいしのまき肉牛部会枝肉共励会/鈴木惣吉さんが最優秀賞

受賞者(左から 児嶋さん、川村さん、橋本さん、鈴木さん、佐々木さん、佐藤さん)

 JAいしのまき肉牛部会は7月29日、大谷地支店で第1回JAいしのまき枝肉共励会表彰式を開き、部会員・関係者が出席しました。最優秀賞は石巻市桃生町の鈴木惣吉さんが受賞しました。

 受賞した肉牛は、去勢牛であり血統は、父「勝洋」、母の父「安福久」、母の祖父「勝忠平」で、JA管内で生まれた子牛を鈴木さんが肥育しました。枝肉重量646キロ、単価が2840円、A5等級(霜降り等級BMSナンバー12)の評価を受けました。

 「40年畜産を続け、今回で最後の牛だった。寂しい気持ちはあるが、これまでの経験を活かし大切に育てた牛が受賞に結び付いたのはうれしい」と鈴木さんは話しました。

 同共励会ではJA管内から24頭の牛が出品されました。

 A5等級が20頭、内BMSナンバー12が8頭となり、上物率100%とすばらしい成績となりました。

 以下は受賞者(敬称略)。

◎最優秀賞=鈴木惣吉(桃生)。〇優秀賞=佐々木義孝(桃生)、橋本隆(河南)。〇優良賞=児嶋時雄(鳴瀬)、佐藤太一(河南)、川村和弘(河南)。

 

  • 自己改革実施中!
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?