JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

令和3年産に向けて/基本技術と適期作業の重要性を呼びかけ

 転作部会は8月31日、JAいしのまき農業情報センターで令和3年産麦の栽培に向けて栽培講習会を開きました。部会員ら約26人が出席し、麦の販売情勢や令和3年産の栽培のポイントなどを確認しました。

 同部会の髙橋一部会長は「今後の課題を共有し、課題解決のための糸口になるよう全員で意見を出し合い、進めていきましょう」とあいさつしました。

令和3年産のポイントを説明する                               木村技師(中央)

 講師に石巻農業改良普及センターの木村友祐技師と他3人を迎えました。木村技師は令和2年産の生育概況や収量・品質を振り返り、今年度の反省点や傾向から令和3年産のポイントを説明しました。「昨年は台風の影響で播種が遅れたほ場が多く、収量減につながるケースも見られた。それを踏まえて、来年度は適期作業に努め、基本技術を順守することで、収量・品質の確保をしていきましょう」と話しました。

 今後も同部会では、収量と品質の確保を目指し、栽培講習会や現地検討会などを通じて、部会員全員で栽培のポイントや注意点等を共有し、課題解決に努めていきます。

  • 自己改革実施中!
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?