JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

目標出荷量220㌧の達成に向け/ 最盛期目前、出荷査定会を開催

 やもとハウス園芸組合は9月2日、東松島市のやもと青果物集出荷センターで令和2年産抑制キュウリの出荷査定会を開きました。高品質なキュウリを出荷しようと組合員ら22人参加し、9月中旬の出荷最盛期に向け、一人一人がキュウリを手に取り、出荷規格を確認しました。

出荷規格を説明する大森副組合長(中央)

 今年は梅雨明け以降の猛暑の影響で芯やけ等の、高温障害が見受けられたものの生育はおおむね順調。

 同組合の大森静光副組合長が出荷規格表と照らし合わせながら、キュウリの長さや重さ、まがりなどの基準を説明しました。

 今年度は生産者23人が3㌶で「はやか」「実多86」「四川Ⅱ」などを栽培。昨年より栽培面積が微減となるが、今期の目標を出荷量220㌧に掲げ、販売金額6600万円の確保を目指し、12月上旬まで出荷する予定です。

 同組合の小野秀明組合長は「最盛期も目前に控えている。収穫・調整後は直射日光があたらないようにするなどの管理を徹底し、高品質なキュウリを出荷していきましょう」と話しました。

 今後も同組合では、出荷品の定期検査を実施し、さらなる高品質・安定出荷に努めていきます。

  • 自己改革実施中!
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?