JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

新たな生活に沿った活動を展開/マスク着用は新しい日常生活の始まり

 JAいしのまき女性部桃生地区は11月18日、石巻市のJA桃生中央支店で趣味の教室を開き、和柄の布地を使ったマスクケースと手帳などの小物を入れるマルチケース作りに初めて挑戦しました。 

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、今では無くてはならない日常生活品となったマスクを、おしゃれなケースに入れ持ち歩けるようにしようと企画。参加した17人の部員はさまざまな柄の布の中から気に入ったものを選び、手順を確認し分からない部分は互いに教えあいながら丁寧に布と型紙を裁断し、接着してケースを作り上げました。

ケースのデザインをいろいろ考える                             女性部員たち

 

 部員は「難しそうだと思ったが、思っていたよりも手軽にできた。いろんな柄があり、どれもきれいに仕上がったので良かった」と話しました。

 女性部桃生地区は、新型コロナウイルスで従来の活動が難しい中、新しい日常生活に沿った活動をみんなで考え、実践して行くことにしています。

  • 自己改革実施中!
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • 広報誌「まごころ」・ コミュニティ紙「IRODORI」 クイズコーナー 応募はこちらから
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?