JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

過去最高の出来/約5万個の桃に袋掛け

丁寧に桃の実に袋を被せる構成員

 東松島市宮戸地区の奥松島果樹生産組合「いちじくの里」では6月2日から桃の木170本の袋掛け作業が始まりました。

 「紅錦香」「まどか」各70本と「あかつき」30本を栽培し、「あかつき」は今年から市場出荷を計画しています。 

 今年は4月10日頃、例年より少し早く桃の花が満開を迎え、およそ一か月半が経過。現在、木には500円玉ほどの大きさの果実が実り、葉の色付きもよく、病害虫の発生も確認されておらず順調に生育しています。昨年度より1万個増の約5万個に袋掛けを行う予定です。

 昨年同様、作業効率の向上を図るため、担当する本数を決めて収穫時期の早い「あかつき」から袋掛けを進めています。構成員らは担当の桃の木一本ずつ丁寧に袋を掛けながら、必要に応じて摘果を行っていきます。

 同生産組合の尾形善久組合長は「今年の桃は過去最高の出来だ。地域の皆さんや市場から期待が大きいが、その期待以上の桃が収穫できるだろう」と自信に満ちた表情で話しました。

 今後は定期的に草刈りや消毒を行い、反射シートや獣被害対策のための電気柵を設置します。7月中旬から「あかつき」の収穫が始まり、8月上旬に「まどか」、同月中旬には「紅錦香」の収穫を予定しています。

 コロナ禍ではあるが、今年もほ場での直売を計画しています。また、毎年行っている収穫体験も行う予定です。

 同組合は2015年4月に設立。東日本大震災で被害を受けた水田を県の圃場整備事業で造成。漁業従事者も多く構成員8人で汎用水田として復旧した土地に「農地を守り新たな地域特産にしよう」とイチジク、桃、柿の栽培を始めました。

 

  • 自己改革実施中!
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • JAいしのまき フォトコンテスト 写真募集
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?