JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

児童が収穫した小ネギを市場へ/3年授業で農業を学ぶ

 石巻市立中津山第一小学校3年生15人が7月12日、社会科の授業で農家の仕事を学ぼうと、桃生町のブランド野菜として広く知られる「スリムねぎ」について、JAいしのまきスリムねぎ部会の佐々木拓郎さんのハウスを訪れました。

 佐々木さんは小ネギ(葉ネギ)が東北地方で初めて桃生町で栽培されたことやネギの食べ方、販売額などの話を児童にわかりやすく話しました。その後、もみ殻を混ぜて土を柔らかくする作業や種まき、スリムねぎの収穫まで実際に体験しながら学びました。児童たちは「土がフカフカして気持ちいい」と土の感触を楽しみました。

 佐々木さんは「今日のスリムねぎは、中一小の皆さんが収穫したと市場の人たちに話しておきますね」と話し、児童たちは感激していました。お土産にスリムねぎ青年部が作った特製お好み焼き風”ネギ焼き”がプレゼントされ給食で味わいました。

 同部会では、これからも地域の子どもたちに地元の食材や農業の楽しさを伝える食農教育活動を積極的に展開して行くこととしています。

 

 

  • 自己改革実施中!
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • JAいしのまき フォトコンテスト 写真募集
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?