JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

大切に育てた桃生かぼちゃ出荷開始/甘味強くほくほくした食味が特長

1個ずつ丁寧に出来栄えを                                 確認する生産者

 JAいしのまき桃生町かぼちゃ部会が丹精込めて育てた「桃生かぼちゃ」の出荷が7月13日から始まりました。「桃生かぼちゃ」は、JAいしのまき管内で唯一の部会として昭和54年に発足。1本の苗から複数ある実を間引き、たった1つを大切に栽培することで、品質や味、栄養価の高いカボチャを生産しています。

 13日、今年度初出荷となるカボチャの現品確認を行いました。集荷場に出荷された約6.7トンのカボチャを部会員が1つずつ大きさや傷の有無など検査しました。

 今年は定植時期の4月~5月の気温が低く生育の遅れが心配されましたが、その後は好天に恵まれ雨も少なかったため順調に生育しました。例年より完熟期間が短かったため、より一層味が濃く甘みの強い、ほくほくとしたカボチャに仕上がりました。

 齊藤勝夫部会長は「今年も味・品質ともに良好。皆で丁寧に育てたカボチャを味わってほしい」と話します。

 同部会は6軒の農家が110アールで「くりこし2号」を栽培。計20トンの出荷を見込み、作業は8月上旬まで続く予定です。

 

  • 自己改革実施中!
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • JAいしのまき フォトコンテスト 写真募集
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?