JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

寒さに注意、早めの準備を/抑制キュウリ出荷が始まる

キュウリを手に取り確認する山口組合長

 JAいしのまき石巻市きゅうり生産組合は9月13日、石巻市あゆみ野の石巻青果物集荷場で8月下旬頃から出荷が始まった抑制キュウリの査定会を行いました。組合員12人が参加し、キュウリを手に取って、規格や今後の管理方法などを確認しました。

 今年は、定植時期の高温等の影響で例年よりも1週間ほど生育が遅れました。

 組合員はキュウリと規格表を手に持ち、お互いで確認し合いながら意見交換を行いました。検査長が「収穫初めの実の短さに注意が必要。出荷の際は長さがそろうように箱詰めをしてほしい。また、キュウリは寒さで生育が止まってしまうので、暖房の用意を早めに行いましょう」と呼びかけました。

 同組合の山口良彦組合長は「天候不順の影響で出荷開始が少し遅れたが、品質は折り紙付き。箱に詰める際、長さを均一にそろえるなどの一工夫が大切」と話しました。

 同組合は生産者23人が3㌶で「はやか」や「ニーナZ」などを栽培。出荷は12月頃まで続き、最盛期は10月に迎える予定。昨年は168㌧を出荷し、今年度は191㌧を出荷する計画です。

 今後も、出荷品の定期検査を実施し、さらなる品質向上に努め、組合員同士でコミュニケーションを図り足並みのそろった品質で安定出荷していきます。

  • 自己改革実施中!
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • JAいしのまき フォトコンテスト 写真募集
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?