JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

全量1等米に格付け/21年産米初検査始まる

新米の整粒歩合を                                     確認する検査員

 JAいしのまきは9月14日、石巻市高木の石巻東農業倉庫で21年産米の初検査を行いました。「ひとめぼれ」64㌧、「ササニシキ」4㌧の計68㌧が持ち込まれ、整粒歩合や水分量などを検査し、全量1等と格付けしました。

 今年はお盆前までは天候にも恵まれ、生育は前進傾向で、8月中旬の低温・寡照の影響が懸念されましたが、未熟米や乳白粒の少ない高品質な「いしのまき米」に仕上がりました。

 松川孝行組合長は「米を取り巻く環境は厳しい状況が続いているが、今後も品質確保に努め、高品質で安全・安心な『JAいしのまき米』を出荷していく」とあいさつしました。

 新米は全農みやぎを通じて、23日から県内の量販店で販売され、10月には県外でも販売が開始される予定です。

 長期化するコロナ禍の影響により消費の落ち込みが著しく、20年産米は大量の持越し在庫が発生。21年産米もコロナ禍により、消費の回復が見込めない状況にあります。JAでは42万5千俵の集荷目標を掲げ、買い入れが始まりました。

  • 自己改革実施中!
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?