JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

出荷開始、出だし好調/県内屈指の生産量を誇るいしのまきのトマト

 

 JAいしのまきのトマトは、宮城県内で有数の生産量を誇ります。JA管内で抑制トマトの出荷が8月下旬頃から始まっています。

出荷規格を確認し合う参加者ら

 今年は梅雨時期が非常に短く、日照時間や平均気温が前年を上回りました。しかし、夏場の急激な猛暑や長雨という天候不順が続き、出荷開始時期の遅れや品質の低下も懸念されましたが、その後は天候も回復し、おおよそ予定通りの出荷開始となりました。出荷は1月下旬まで続き、9月中旬から11月中旬頃に出荷最盛期を迎える予定です。

 JA管内で屈指の出荷量を誇る、JAいしのまきトマト選果施設利用協議会は今年度、利用者のうち17人が「桃太郎トマト」や「王様トマト」を約2㌶で抑制トマトを栽培。今年度の出荷目標量約120㌧を掲げ、石巻青果や丸果秋田県青果などに出荷します。

 出荷最盛期を目前に控え同協議会は10日、石巻市あゆみ野のトマト選果施設で目揃い会を行いました。生産者や市場担当者、選果施設従業員ら16人が参加し、市場情勢や出荷規格を確認しました。

 同協議会の土井信勝会長は「出だしは好調。これから出荷量がどんどん増えていく、収穫適期を見逃さず、高品質なトマトを切れ目なく出荷していきましょう」と意気込みました。

 JAではオリジナルブランド「赤のみのり」を立ち上げ、「いしのまきのパワーを食卓へ」を合言葉に生産者、地域が一丸となって新鮮なトマトの生産に取り組んでいます。

1つ1つ丁寧に                                      選果作業をする従業員

 

 

  • 自己改革実施中!
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • コミュニティ紙「IRODORI」 クイズコーナー 応募はこちらから
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?