JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

新たな畑にソバ香る/女性部直伝、ソバの摘み取り方

石森部長㊧と一緒に                                    ソバの実を摘み取る児童

 JAいしのまき女性部鳴瀬地区は9月28日、東松島市立鳴瀬桜華小学校のほ場で6年生45人と7月に播種したソバの実の摘み取りを行いました。

 この取り組みは、同校が総合的な学習の時間に、地域の特産物であるソバ栽培を通じて、地域の農業や特産物への興味や理解を深めてもらおうと9年前から取り組んでいます。

 同地区の石森さと子部長は「新しい畑で初めてのソバ栽培でしたが、皆さんの頑張りのおかげで、立派に生育しました。たくさん収穫しましょう」とあいさつしました。

 女性部員が摘み取り作業のやり方やコツを説明。説明後、児童たちがほ場に入り、部員の手本を見て、聞いて、マネながらソバの実を摘み取っていきました。始めて見るソバの実に児童は「これがあのそばになるなんて」と驚いていました。

 摘み取り作業後に児童は「最初は難しかったけど、徐々に慣れて楽しくできた」「たくさん取れた。早くそばを打って食べたい」と笑顔で感想を話しました。

 同校は今年度から新校舎となり、ほ場も新しくなりました。新たなほ場では、ソバの他にサツマイモやエダマメを栽培し、農業に触れる機会を数多く設けています。

 11月下旬に児童と一緒に石臼でソバの実をひいてそば粉し、12月上旬にそばを打ち体験を行い、自分たちが育てたソバを味わう予定です。

 

  • 自己改革実施中!
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • コミュニティ紙「IRODORI」 クイズコーナー 応募はこちらから
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?