JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

米価下落を受け稲作経営農家支援を/石巻市と東松島市へ要請

要請書を手にする渥美市長(中央左)と松川組合長(中央右)

 東松島市役所には9月27日、松川孝行組合長が訪れ、渥美巖市長と同市議会の小野幸男議長に申請書を手渡しました。

 松川組合長は「今年度に限らず、コロナ禍による予期せぬ需要の減少で、年々在庫は高止まりになり米価下落・低迷が継続していく懸念があり、とても苦しい状況である。ぜひ、お力添えをお願いしたい」と協力を仰ぎました。

これを受けて渥美市長は「我が市にとっても農業は基幹産業である。大変な状況も承知している。市独自でも持続給付金を設けている。今後もサポートしていきたい」と語りました。

 同市はJAの要請を受け、9月30日に開かれた市議会で、国へ意見書を提出することを決定しました。

 JAでは、独自の支援対策として今年度、米の消費減退による過剰在庫に対応した生産調整の推進を図るため、新たに飼料米・ホールクロップサイレージの生産を支援する「生産調整拡大支援」を設け、生産者の経営安定に力を入れています。

  • 自己改革実施中!
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • コミュニティ紙「IRODORI」 クイズコーナー 応募はこちらから
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?