JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

スリムねぎづくしの2日間/スリムねぎを全身で体感する「石巻百姓塾スリムねぎ農家になる?」

収穫作業をする参加者

 石巻市農業担い手センターとJAいしのまきスリムねぎ部会が協力し、石巻市とスリムねぎの魅力を発信し担い手確保につなげるため、スリムねぎを全身で体感する1泊2日の農体験「石巻百姓塾スリムねぎ農家になる?」を11月20日~21日に行いました。「農」に興味のある5人が参加し、スリムねぎ栽培の体験、スリムネギ料理を味わうなどスリムねぎづくしの2日間を過ごしました。

 同部会は更なる生産量の増加と新たな担い手を育成する為、スリムねぎ部会青年部が中心となり、行動を起こしました。

 初日は、スリムねぎ農家を見学し、各々のこだわりなどを学びました。その後、ハウスで耕起・播種・水やり・収穫の4つの作業を体験しました。電動アシスト付きの播種機を使った作業では、押す力の少なさに参加者は「軽い、これなら女性でも簡単にできる」と驚いていました。

 21日には出荷作業や調整作業を体験し、地元の飲食店でスリムねぎを使ったピザを味わい、最後にスリムねぎの将来について全員で考え、スリムねぎづくしの2日間が終了しました。

 埼玉県三芳町に住む渡辺翔也さんは「農業に興味があり、地方への移住を考えていた。実際に作業を体験し、作っている人達のことを知ることで、自分がこの地で、農業に取り組んでいる姿をリアルに思い浮かべることができた。前向きに就農を検討していきたい」と話しました。

  • 自己改革実施中!
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • JAいしのまき フォトコンテスト 写真募集
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?