JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

麦の生育順調・転作部会桃生支部が現地検討会・目標収量に向け追肥時期把握

 JA転作部会桃生支部は5日、2022年度麦現地検討会を開きました。例年より早く10月の上旬に播種された圃場とやや遅れた圃場では20日の開きがありましたが、どの圃場も品種特性が現れており順調に推移していることを確認しました。 地区内7法人の代表者が桃生地区の圃場10ヶ所を巡回しました。

 石巻農業改良普及センターの職員とJA職員が圃場ごとに調べた幼穂の長さを参考に追肥時期を推測しました。

 参加者は今後、適期追肥に努めながら収量・品質確保を図っていきます。

幼穂の長さを確認するJA職員ら

 桃生地区では大麦・小麦など約5品種を栽培。同地区7法人は、大麦207㌶で828トン、小麦81㌶で364.5トンを目標に掲げています。

  • 自己改革実施中!
  • いしのまきSDGsパートナー
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • ~持続可能な社会の開発を目指して~ JAいしのまき SDGs 取組宣言
  • SDGs未来都市いしのまき
  • ネットショップ JAタウン
  • JAいしのまき フォトコンテスト 写真募集
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?