JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

大雨の被害で収量8割減/ジャガイモに打撃

ジャガイモの収穫を行う入沢ファームのスタッフ

 7月15、16日の大雨で農地が冠水した影響で、JAいしのまき管内の加工用ジャガイモは、収量が計画の8割程度落ち込む見込みとなりました。
 管内では今年、カルビーポテト㈱との契約栽培で、農事組合法人おおしお北部、㈱めぐいーと、㈱入沢ファームの3法人が合わせて36㌶に作付けし、1076㌧の収穫を予定していましたが、大雨の被害を受け、215㌧程度まで減収となる見込みです。
 JA担当職員は「来年度に向けて、排水の良い圃場づくりはもちろんのこと、土質や冠水しにくい圃場を吟味して選定していく必要があると感じた」と次期作について話しました。
 7月22日、JA宮城中央会と県農協政治連盟は、生産資材高騰や大雨被害対策を地元選出の与党国会議員に対し、東京都内で即効性のある緊急対策を強く求めました。

  • 自己改革実施中!
  • いしのまきSDGsパートナー
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • ~持続可能な社会の開発を目指して~ JAいしのまき SDGs 取組宣言
  • SDGs未来都市いしのまき
  • ネットショップ JAタウン
  • JAいしのまき フォトコンテスト 写真募集
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?