JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

米初検査/全量1等

初検査を行う検査員

 JAは16日、管内2カ所で2022年産米の初検査を行いました。東松島市の矢本大塩農業倉庫には、「ひとめぼれ」532袋「ササニシキ」84袋の計616袋が持ち込まれ、全量1等と格付けされました。

 今年は、7月中旬の集中豪雨や日照不足の影響が懸念されたが未熟粒や乳白粒は少なく、品質の良い米に仕上がりました。

 米穀課の亀山宏道課長は「大雨被害や登熟期間の日照不足による品質の低下、収量の減少の心配があったが、思ったほど影響が少なかった」と話しました。

 管内の水稲作付面積は、6558㌶で全体の集荷目標42万俵(1俵60㌔)を掲げました。刈り取りは10月中旬まで続く予定。

 今後JAは、収穫された新米を24日に、管内の直売所や営農センター(資材店舗)にて販売会を開く。

 

  • 自己改革実施中!
  • いしのまきSDGsパートナー
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • ~持続可能な社会の開発を目指して~ JAいしのまき SDGs 取組宣言
  • SDGs未来都市いしのまき
  • ネットショップ JAタウン
  • JAいしのまき フォトコンテスト 写真募集
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?