JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

大豆の等級検査始まる/丁寧な調製徹底を

品質を厳正に見極める検査員

 JAは17日に石巻市桃生町の桃生低温倉庫で2022年産大豆の初検査を行いました。同地区の農業法人3組織が生産した「タンレイ」約56.7㌧を検査しました。1等は22.5㌧、2等は18㌧、3等は7.2㌧、特定加工9トンで、1、2等比率は71.4%となりました。

 今年は7月15日の大雨で冠水被害があり、収量に影響があったものの、紫斑粒や虫害粒などの被害粒はほとんど見受けられませんでした。

 JA営農部米穀課の亀山宏道課長は「豪雨で冠水被害を受けた地区は収量の低下が予想される。調製を丁寧に行い、異物混入などが無いよう指導を徹底したい」と話しました。

 JA管内の大豆作付面積は2307㌶で、「タンレイ」が961㌶、「ミヤギシロメ」が1190㌶、「タチナガハ」が156㌶となっています。

 検査は、JA管内の各地で随時始まり、2月末まで続く予定です。

 

 

 

  • 自己改革実施中!
  • いしのまきSDGsパートナー
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • JAいしのまき フォトコンテスト 写真募集
  • ~持続可能な社会の開発を目指して~ JAいしのまき SDGs 取組宣言
  • SDGs未来都市いしのまき
  • ネットショップ JAタウン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?