JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

大豆の防除始まる/農業用ドローン活躍

ドローンで防除する高橋部長

 農事組合法人たてファーム・和(なごみ)は8月21日、農業用ドローン(小型無人飛行機)を使い、6月8日に播種した大豆の病害虫防除を始めました。

 ドローンに8リットルの薬剤を積載。1㌶を10分で散布でき、同日は、4㌶を防除しました。作業は9月10日頃まで続き、全部で44㌶を2回から3回実施する予定です。

 今年は、天候に恵まれ、全体的に生育が進み、防除時期は例年より早まっています。

 同法人の髙橋弘部長は「大豆の病害虫防除は、開花後25日頃から35日頃までに2回程度行います。播種時期や品種によっても防除回数が違ってくるので、適期防除と薬剤の選定が重要になる」と話しました。

 宮城県は大豆の作付面積が全国2位。JA管内は本年度2327㌶に作付けし、4036㌧の集荷数量を目指しています。

  • 自己改革実施中!
  • いしのまきSDGsパートナー
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • ~持続可能な社会の開発を目指して~ JAいしのまき SDGs 取組宣言
  • SDGs未来都市いしのまき
  • ネットショップ JAタウン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?