JAいしのまき

MENU

トピックス一覧

大麦の播種開始/深谷東営農組合

本格的に始まった大麦の播種

 河南地区の深谷東営農組合は10月25日から、大麦の播種(はしゅ)作業を始めました。

 今年の播種は事前転作となり、5日間で35㌶の播種作業を予定しており、麦茶などに使われる大麦の「シュンライ」を栽培し、来年6月に収穫予定です。

 同組合は31人で構成し、2022年に発足しました。山田茂樹副組合長は「この組合が組織化されて初年度の試みで、暗きょ工事がまだ行われていない中の栽培で不安はあるが、湿害に注意して進めていきたい。」と話します。

 JA管内の23年度の大麦作付面積は約763・1㌶で、県内一位を誇り、24年度は27㌶多い約790㌶での作付けを計画しています。

 精麦白度が高い「シュンライ」は主に麦茶に使用されます。本格的に始まった大麦の播種

 

  • 自己改革実施中!
  • いしのまきSDGsパートナー
  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • JAいしのまき 自己改革の取り組
  • フォトコンバナー
  • ~持続可能な社会の開発を目指して~ JAいしのまき SDGs 取組宣言
  • SDGs未来都市いしのまき
  • ネットショップ JAタウン
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?