JAいしのまき

MENU

いしのまきの園芸

ホウレンソウ

商品の特徴など

 「ちぢみほうれん草」は冬の寒さにさらす「寒じめ栽培」で育てられ、葉が引き締められて糖度が高いのが特徴です。

 環境にやさしい生産技術の確立に努め、栽培履歴情報の記録と情報開示による産地情報の発信で消費者、実需者へ安全・安心なホウレンソウを届けられるよう努めます。

包装状態

段ボール

栽培情報

作型

周年(ハウス栽培)

露地・秋蒔き(ちぢみほうれん草)

栽培方法

ハウス栽培

露地栽培(ちぢみほうれん草)

主要作付け品種

トリトン、晩抽サンホープ、伸兵衛、オシリス、トラッド7(ハウス栽培)

寒味、寒味極、朝霧、雪見菜(ちぢみほうれん草)

栽培面積

28ha

JAいしのまき ほうれん草部会

構成

部会長 太田 徳栄
副部会長 橋本 清彦、土井 金栄
構成員 80人

概要

 ハウス栽培のホウレンソウは出荷資材を統一して出荷しています。

 石巻・河南・桃生地区はハウス栽培の周年出荷、矢本・石巻(稲井)地区はちぢみほうれん草を出荷しています。

 

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • フォトコンテスト
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?