JAいしのまき

MENU

いしのまきの園芸

イチゴ

商品の特徴など

 JAいしのまき管内で栽培されるイチゴは、宮城県内2位の生産量を誇る産地です。

 「とちおとめ」「紅ほっぺ」を主力品種とし、県内オリジナル品種である「もういっこ」や「にこにこベリー」の栽培にも取り組んでいます。

 イチゴの旬は本来、春~初夏ですが、12月のクリスマスケーキ用の出荷に向けて厳寒期でも生育できるよう、ハウス内で栽培し、暖房機による温度管理、夜間に電気を点灯させて樹勢を保つなど、細やかな栽培管理を行っています。

 消費者の皆さまに、より多く、より美味しいイチゴを届けられるよう、日々、栽培技術を磨きながら、品質向上に努めています。

包装状態

プラスチック容器

段ボール箱及びコンテナ

栽培情報

作型

8月末~9月下旬に定植

栽培方法

ハウス栽培(雨よけ栽培)

養液栽培(高設栽培)

主要作付け品種

とちおとめ、紅ほっぺ、章姫、もういっこ、にこにこベリー

栽培面積

137ha

いちご生産組織連絡協議会

構成

構成員 42人

概要

 宮城県が主催するセミナーや勉強会等に参加し、栽培技術の向上に努めています。

 

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • フォトコンテスト
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?