JAいしのまき

MENU

いしのまきの園芸

キュウリ

商品の特徴など

 JAいしのまき管内で栽培されるキュウリは、宮城県内2位の生産量を誇る産地です。

 年間を通じて消費者の皆さまに届けられるよう、作型を3つに分けて生産しています。

 キュウリには、カリウムが含まれており、むくみやだるさの改善に効果があるとされています。夏バテ予防に最適なので、JA全農(全国農業協同組合連合会)では、夏場の消費拡大を図るため、キュウリビズ運動を展開しています。サラダや漬け物など幅広い分野で活躍する万能野菜です。

 有機質肥料に海洋深層水を使って栽培する「新海水ミネラルづくり」などに取り組み、美味しいキュウリを届けられるよう、土づくりにこだわった栽培を行っています。

包装状態

段ボール

栽培情報

作型

促成(収穫期間2月中旬~6月末)、夏秋(6月下旬~8月中旬)、抑制(8月下旬~11月末)

栽培方法

土耕栽培。促成、抑制は大型ハウスで、夏秋は雨よけハウスでの栽培です。

11~4月は暖房機でハウス内を暖めてきゅうりの適温を保ちます。

主要作付け品種

促成:極光、兼備、千秀2号 他

夏秋:Vサマー、金星、ゆうみ、はやか、兼備 他

抑制:はやか、実多86 他

栽培面積

促成:10ha

夏秋:0.9ha

抑制:8.6ha

JAいしのまき きゅうり部会

構成
部会長 大橋 啓一郎
副部会長 小野 日出彰、渡辺 享洋
構成員 76人
概要

 きゅうり部会では、種苗会社を講師とした現地検討会や品種説明会等を開催し、栽培技術の研鑽に努めています。

 

  • JAいしのまき 自己改革取組宣言
  • フォトコンテスト
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットバンクをご紹介します。
JAいしのまき広報誌
組合報「まごころ」

JAいしのまきでは、組合報「まごころ」を毎月発行しております。

コミュニティ紙
「IRODORI」

地域住民の皆さんにさまざまな情報をお届けするコミュニティ紙「IRODORI」を発行しています。

ご案内
  • 採用情報
  • 困ったときは
  • 組合員になりませんか?